競技に打ち込むためのバスケットパンツ

バスケットは競技の中でも汗をたくさんかくスポーツです。競技中ずっと汗をかき続けるスポーツなので、汗を吸ってくれるパンツでないと不快感が伴います。吸水性が高いだけでは湿った感じが残り、濡れたパンツを履き続けることも不快に感じます。吸水性と速乾性両方の機能を備えた製品でなければ競技の集中に支障が出てしまいます。

練習のストレスを少しでも軽減するためにはユニフォームの素材にも気を使いたいものです。汗をかくということは、汗臭いニオイもユニフォームに移ってしまうということです。最近の若者はニオイに気を使っていますので、自分の汗のニオイも臭っていることを気にします。吸水性、速乾性に加えて消臭効果がある素材であるほうが良いでしょう。

バスケットパンツはゆとりのあるサイズでプレーするものではありますが、大きすぎても小さすぎても動きに影響してしまうので、ユニフォームを決める前に試着してみましょう。メーカーによってサイズ感も異なりますので、大きすぎる、小さすぎるという事態はなるべく避けたほうがいいでしょう。バスケットはチーム競技ですので、ユニフォームも当然みんな同じユニフォームを着ます。チームの一体感を生む大切なユニフォームですので、一人の意見だけで決めるのはなく、チーム全体としてそれぞれの意見を取りまとめて納得のいくユニフォームを決めましょう。

消耗品ですので、買い替えのことも考えて選手の負担にならない金額であることも大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*